相談事例

情報セキュリティ

相談内容(2020年5月・青少年女子)

家族共有のパソコンを使っていたらウイルス感染を知らせる警告音が鳴り、何かのメッセージが音声で流れてきた。すぐにパソコンの電源を切り、その後、起動した。ウイルスに感染したのか。

アドバイス

利用しているセキュリティソフトからの警告であれば、表示される指示に従い操作をする必要がある。利用していないなら、悪意のある広告の可能性もある。本当にウイルス感染なのか、広告なのか判断は難しいので、家族にお話ししてパソコンを確認してもらってほしい。

ポイント

画面に突然表示されるウイルスの警告は、利用者を慌てさせる偽物である可能性もある。指示に従ってしまい、有償サポート契約やアプリの購入などへ誘導されるトラブルも起きているので注意が必要である。画面の情報をうのみにしないことと、焦って一人で判断しないことが大事である。正しい対応ができるように、次の行動に移る前に保護者に相談をしてほしい。

※ここに掲載してある相談事例は一つの参考例として掲載したものです。
同じようなトラブルであっても、個々の状況が異なるため、解決内容もそれに従い違ってきます。